たくさんのメリット

大きな一戸建て

最近は新築を建てるよりも古い家を買い取ってリノベーションやリフォームをする人が多いようです。
これはバブル期と価値観が違うことに理由があります。
バブル期は世の中全体の人々の金回りがよく、これから給料も増える見込みがあると思われていたので、家が古くなったり中古の住宅を購入する場合はすぐに取り壊しました。
その土地の上に新築を建てるということが当たり前のように行われていました。
ところが不況の現代においては高いお金を出して新築を建てるよりも中古の住宅をリフォームして住もうという考え方があるのです。
そんな理由もあり、リフォームが増えていますが、本格的にしっかりとしたリフォームをするのであれば(新築ほどではないにしても)多少お金がかかってもリフォームを専門的に行ってる建築会社に依頼するべきです。

新築にはメリットとデメリットがあるのと同じでリフォームにもメリットとデメリットがあります。
リフォーム工事を依頼する前にまずはメリットとデメリットの両方を知っておくのが良いでしょう。
リフォームのメリットは、安い価格でできるということです。
ただし、あまり高価な素材を使ったり、細部までこだわりすぎると新築したほうが安くなるのでその点は注意が必要です。
また、柱や梁などは数十年経っても使えることが多く、使える素材をそのまま使うことでエコロジーとしての環境に配慮している面があります。
デメリットはどうでしょうか。
デメリットは柱の位置を変えることが難しく今ある範囲でしか空間を広げられないという点です。
また、部屋の形を変えることも難しいことがあります。